放置をしたら大変なことに|ハクビシン駆除は業者に依頼

ムカデを駆除する方法

むかで

専用の駆除剤を使う

ムカデは、毎年梅雨の時期になると発生する害虫になります。ムカデは、害虫としての認識は蜂や白アリなどと比べると低い傾向にありますが毒を持っているので噛まれると小さい子供であれば重篤な症状を引き起こすことがあります。ムカデは、湿った所を好むので庭や玄関などから侵入するケースが多いので隙間をふさぐことが大事です。ムカデ駆除には、通常の殺虫剤などは効かないことが多いので専用の駆除剤が必要になります。また、ムカデ駆除に使う駆除剤は体に害がないとは言い切れないのでムカデが嫌うハッカのオイルなどを垂らしておくことも効果的です。ムカデの数が多ければ一度では駆除しきれないことがあるので、その場合は専門業者にムカデ駆除を依頼します。

見つけた時の対処法

ムカデを家の中で発見した時は、すぐさま熱湯に浸けて処分します。湿気が多いところが好きなので、家の中ではキッチンや浴室、洗面所、トイレなどに出没するケースが多いです。そのため、その周辺に粘着テープなどを使った罠を仕掛けておくと捕獲しやすいです。大量にムカデが見られる場合は、早めにムカデ駆除をする必要があります。万が一噛まれてしまった場合は、出来るだけ熱めのお湯で噛まれた部位を温めるとムカデの毒が不活性化されて大事にはいたらずに済みます。しかし、赤ちゃんなど小さな子供が噛まれると重症化するケースもあるのでお湯を使って患部を温めるか毒を出来るだけ絞り出した後病院を受診するほうが安心であると言えます。