放置をしたら大変なことに|ハクビシン駆除は業者に依頼

むかで

ムカデを駆除する方法

ムカデ駆除には、専用の駆除剤やハッカを使ったオイルなどの忌避剤を使って駆除するのが一般的です。家の中でムカデを見つけた場合はすぐに処分し、水気の多いところを中心に罠をしかけておくと捕獲しやすくなります。

見た目にだまされない

はくびしん

家じゅうに被害が広がる

ハクビシンとは、イタチに似た野生動物です。見た目がかわいらしく、ペットとして飼っていた人もいます。本来日本には生息していない外来種の動物ですが、日本では戦争中に毛皮を目的として持ち込まれた動物でもあります。日本全国に分布しており、夜行性ですが、日中のねぐらを人間の住居にしているハクビシンも多く、そのため家の被害が社会問題になっています。家の被害だけではなく、農作物への被害も甚大で、ハクビシンが原因の農作物被害は年間で約3億とも言われています。ハクビシン駆除は農作物を守ることや、家を守ることで必要なことです。ハクビシン駆除をせずに放置していると、家の中は糞尿被害や健康被害にさらされることになります。

侵入経路を特定する

ハクビシンは屋根裏などの暖かい場所をねぐらとして生息しています。そのため、天井裏から糞尿が漏れ出し、天井に穴が開く場合があります。また、健康被害も深刻です。ハクビシンの体にはノミやダニが付着しています。それによりノミやダニが人間の体を刺すことでアレルギー被害が広がります。ハクビシン駆除しなければ、体中がかゆくなったり、湿疹が出たり喘息などが発生したりすることになります。ハクビシンは同じ場所をトイレとするために、体中に雑菌がついています。それによりさまざまな病原菌を家の中に持ち込む結果になります。ハクビシンを見つけたら、すぐにハクビシン駆除を行う必要があります。業者に依頼し、侵入経路をふさぐことが大切です。

鼠

ねずみを撃退するために

ねずみ駆除を行うには、最初にねずみの特徴を認識しておくと対処しやすくなります。ねずみは臆病で警戒心が高く、人間が仕掛けた罠を見破る能力が高いです。そのため専門の業者に依頼するのが良いです。市販の場合では超音波を利用したねずみ駆除があります。これは不規則な騒音で、ねずみにストレスを与えるものです。

ねずみ

ネズミは駆除できる

侵入してきたネズミを放置すれば繁殖して数が増えてしまう事があります。被害を最小限に抑えるには早めの対策が必要です。効率的なネズミ駆除をするにはネズミの習性を理解し、適切な駆除方法を行う事が肝心です。完全な駆除ができない場合は業者へ相談する事も必要です。